血管の専門医が教える「血流」をよくする最高の習慣
ブログ 身体の健康

血管の専門医が教える「血流」をよくする最高の習慣


血管の専門医が教える
「血流」をよくする最高の習慣

 

 

梅津拓史

循環器科 梅津拓史 医師

 

 

「腰痛の9割は水で治る」を監修して頂いた梅津医師が

 

自身の処女作にあたる

血管の専門医が教える「血流」をよくする最高の習慣

を出版されました!

 

 

血管の専門医が教える「血流」をよくする最高の習慣

  • 血圧が高めの方
  • 血糖値が気になる方
  • メタボと診断された方
  • いつまでも健康で痛い方

 

など血流に関係のあることでお悩みを持っている方には、

ぜひ手にとって頂きたい書籍になります。

 

 

 

 

 

 

HPを見る:血管の専門医が教える「血流」をよくする最高の習慣

→腰痛の9割は水で治るもHPで紹介されています!

 

 

 

Amazonでもご購入が可能です!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

腰痛の9割は水で治るをamazonで購入

 

 

 

一般の方にも手にとって頂きたい書籍ですが

我々、施術家の先生方にも医学的知識を持っていることで

多くの方の健康に携われるのではないでしょうか?

 

 

梅津 拓史 医師のプロフィール

血管の専門医が教える「血流」をよくする最高の習慣 より参照

 

平和台病院循環器科部長兼心血管カテーテル治療室長
神奈川県某ハートセンター循環器科非常勤医師
日本循環器学会認定専門医
日本心血管カテーテル治療学会認定医
防衛医科大学校同窓会理事
心血管カテーテル治療のエキスパート

1976年福島県生まれ、1995年山形県立鶴岡南高校卒業、2003年防衛医科大学校卒業

 

急性心筋梗塞や狭心症のカテーテル治療を中心に年間200例以上の心臓カテーテル治療をファーストオペレーターとして施行。2013年に静岡で心血管カテーテル治療室を新たに立ち上げ、1000例以上のカテーテル治療を施行。2015年の心臓カテーテル治療年間症例数は305例で、施設手術数/常勤医数で全国3位。通算のカテーテル治療件数はファーストオペレーターとして2000例以上。基本的な心臓カテーテル検査から最も難易度の高い慢性完全閉塞病変のカテーテル治療まで幅広く施行。

 

2020年からは千葉県の病院で心血管カテーテル治療室の立ち上げに参画、看護師、検査技師、放射線技師、臨床工学技士、医療事務含めた心血管カテーテルチームを束ねている。

 

国内外の心臓カテーテル学会で発表多数。業界内外に大きな影響を与える新進気鋭の若手医師。

 

 

 

Amazonでもご購入が可能です!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

腰痛の9割は水で治るをamazonで購入


髙橋 洋平
(たかはし ようへい) 著書 腰痛の9割は水で治る  株式会社IMPROVE 代表取締役  ひまわり中央整骨院 代表  〝柔道整復師〟〝中・高校保健体育免許取得〟〝メディア出演多数〟  埼玉県八潮市に生まれ育ち、地元八潮市に2015年に整骨院を開業。開業からわずか3年で、のべ1万人を超える施術を行い9割以上の人が完治に至る。トップクラスの施術家でもあり、2店舗のひまわり中央整骨院グループの経営者でもある。著書・腰痛の9割は水で治る。は発売からわずか2週間で重版を記録し、偉業を成し遂げる。また数多くの実績から、治療院経営コンサルと資産構築コンサルでは、お金の健康のプロとして、日本中からの個人コンサルの依頼がある。身体の健康とお金の健康、両方の健康のプロである。